ニュース

2011年3月17日 (木)

シロウトのためのシロウトによる福島の原発事故の解説

多くの人々にとっての懸念は、福島の原発事故がチェルノブイリ事故のように広範囲に渡って、影響を及ぼすかどうかということだと思う。

それについて多くの識者が語っているが、予備知識もない我々にとってはどれも分かりづらいので、ではなぜ「チェルノブイリ事故が起きたのか?」という視点から検証してみた。

チェルノブイリ事故は人的、政治的要因を除けば、下記二つの原因に集約される。

1.チェルノブイリ原発では、核分裂反応の主要部分である中性子の速度を落とすため、大量の炭素が使われていた。

2.この炭素に引火し放射性煤煙が生じて、それが風に乗って遠くまで運ばれた。

しかし、福島原発では「中性子の速度を落とすために炭素ではなく水が使用されている。従って、福島原発で放射性煤煙が放出される危険性は高くない」とのことだ。
(引用元:ウォールストリートジャーナル

現在、考えられる最悪の事態は、メルトダウンが始まることだ。それが始まったとしても、「1つの原子炉がメルトダウンしても、被害が出るのは50キロ圏内。2つ以上の原子炉がメルトダウンしても、被害はあまり変わらない」とされている。
(引用元:池田信夫 blog Part2

BBCでは下記のような記事が掲載されている。

How does Fukushima compare to Chernobyl?
(福島原発事故はチェルノブイリ事故と比べて、いかがでしょうか?)

Professor Gerry Thomas, who has studied the aftermath of the Chernobyl disaster, said: "It is very unlikely that this will turn into anything that resembles Chernobyl.
(ガリー・トーマス教授<チェルノブイリ事故の研究者>:福島原発事故がチェルノブイリ事故のようになる可能性は極めて低いと言えるでしょう)

"In Chernobyl you had a steam explosion which exposed the reactor core, which meant you had a lot of radiation shooting up into the atmosphere."
(チェルノブイリ事故では蒸気爆発により、原子炉心が露出されました。それは大気中に多くの放射能が放出されたことを意味します)

Prof Thomas said although the Chernobyl disaster had led to a rise in thyroid cancer cases, the only people affected were those living in the areas of Ukraine, Belarus and Russia that lie closest to the site of the Chernobyl Power Plant, and who were young at the time.
(トーマス教授:チェルノブイリ事故は甲状腺癌を急速に増加させたが、その影響のあった人たちはウクライナ、ベラルーシ、そしてロシアのチェルノブイリ原発近くに住んでいた若い人たちだけです)

最悪の事態が起こったとしても、50キロ以上離れたところに住んでいれば、ごく安全と言える。また英国機械工業会のブラウン博士は「このまま原子炉心の冷却に成功し続ければ、5日から10日間のあいだで事態は完全に収束される」と語っている。

今は、ただ東電の方々と警察および自衛隊が協力して、原子炉心の冷却に成功することを祈るばかりだ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

夢を追い求めて三千里:ユニクロとは

自分自身は全く経験がないので分からないが、大学を出て就職活動をして企業に就職するときの心境というものはどういうものだろうか。そのとき、自分が就職する企業を決める決め手とは一体なんなのだろう?

なぜそんなことを思ったのかいうと、下記記事を読んだからだ。

ユニクロの致命的な弱点を見つけたり!

ユニクロを退社した人が異口同音に「洋服の好きな人がほとんどいない会社なんです」「洋服のことがわかっていない」「アパレルの会社ではなかった」と唱えているとのことだ。

・・・・・・・って、当たり前だろ。

洋服が本当に好きなら、裏原宿のどっかちっぽけな店に勤めればいいじゃん、ほんと。なぜ、服が好きだからといってユニクロに勤めるのか意味不明だ。

ユニクロは「より安く良質な洋服を提供する」ことをコンセプトにしていることは自明の理だ。それを追求することは悪いことだと思わない。そして、当然その過程で「服作りにこだわる過程」なんてものはなおざりにされることは端から見ていても分かる。

優秀なビジネスパーソンを目指すのであれば、ユニクロはかけがいのないチャンスを与えてくれる会社だと思う。なにせ2020年までに売上を5兆円にする予定らしいから。
(うーん、5兆円と言われても一般庶民には分かりづらい数字だ。5兆円で生ビール何杯飲めるだろうか・・・・・まあ、死ぬほど飲めることはなんとなく分かる)

ユニクロに就職すれば、世界に出て戦うチャンスが与えられ、やる気さえあればクリエイティブな作業(商品企画、世界戦略、出店計画)に携われるチャンスがあるかもしれない。けっして、そこはただ「お洋服が好きだから」といった人たちが集う場ではない。そんな人達はイッセイミヤケかアレキサンダーマックイーンに行けばいい。

ユニクロは洋服販売を生業としたグローバル企業なのである。

何度も言うが、ユニクロという会社は「より良い服を作る場」ではなく「より安く良質な服を提供し、世界規模で成長していけるか」を真剣に考える場である。

とは言いつつも自分がそのような会社に勤めたいかどうかは疑問だ。
だって、なんだか面倒くさいから。

売上とかどうでもいいし、ほんと。
それにあれって、ようはどこでも買えるようなありきたりの服をより安く良質にしただけだし。それ自体はすごいことかも知れないが、独自性ゼロ・・・・・ヒートテックというヒット商品もあったが、結局他社に真似され放題だし。

とは言いつつも自宅ではユニクロの短パンを履き、ユニクロTシャツで寝ていたりするわけです。

ユニクロ万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)