« 人生を楽しむための処世術 | トップページ | 上を向いて歩こう:とある語学学習者の心得え »

2012年1月10日 (火)

結局はどう生きるかということ。

FACEBOOKやツイッターなどを見ていると、日本では放射能の汚染問題がかなり話題になっているようだ。自分自身はブエノスアイレスに住んでいるので、正直部外者ではある。だから、その問題に関してはなんとも言えないが、今年から自分も寄稿しているアゴラが専門家の情報を集めた精度の高い情報を掲載しているので、ぜひ参考にしてもらいたい。

GEPR(グローバル・エネルギー・ポリシー・リサーチ)

特に東京大学の中川 恵一先生が「放射線被ばく基準の意味」と題して、寄稿されているので、ご一読していただきたい。

また個人的には石井 孝明氏のアゴラでのコラムをいつも拝読し、自分も勉強している。

福島に朗報、「甲状腺疾患の増加は予想できない」ロシア専門家=チェルノブイリ報告から考える合理的な低線量被曝対策

最後に宮崎駿がもののけ姫についてのインタヴューで下記のように答えているので、紹介したい。

百億の人口がねぇ、二億になったって別に滅亡じゃないですからね。そういう意味だったら、世界中の野獣は、もう滅亡、絶滅していますよね(笑)。そうですよ。元は百匹いたのに、今は二匹しかいないなんて生きもの一杯いますからね。そういう目に、今度人類が遭うんでしょ、きっと。でもそれは滅亡と違いますね。僕等の運命ってのは、多分、チェルノブイリで、帰ってきた爺さんや婆さん達が、あそこでキノコ拾って食ったりね、その『汚染してるんだよ』って言いながら、やっぱり平気でジャガイモ食ってるようにして生きていくだんろうなっていうね…まぁ、その位のことしか言えないですよね。それでも結構楽しく生きようとするんじゃないかぁっていうね、どうも人間ってのは、その位のもんだぞって感じがね…

|

« 人生を楽しむための処世術 | トップページ | 上を向いて歩こう:とある語学学習者の心得え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局はどう生きるかということ。:

« 人生を楽しむための処世術 | トップページ | 上を向いて歩こう:とある語学学習者の心得え »