« 人を信頼するということとは:ワンズワード流の育て方 | トップページ | 仲間と社会貢献について:嘘くさいほんとの話について »

2011年11月28日 (月)

旅と人生について:目的ではなく手段であるということ

ブエノスアイレスに来てからもう何度も訊かれるが質問が「どうしてブエノスアイレスに来たのか?」という質問だが、未だにうまく答えられない。

そこに山があるから・・・・・と同じニュアンスでたまたまブエノスアイレスと思いついたので、住み着いたまでだ。

そして、次に訊かれるのが「ブエノスアイレスに住んだあとはどこに行くの?」という質問だけど、これにも当然うまく答えられない。2,3年はいるつもりだけど、明日嫌になってふらっとスペインあたりに行ってしまうかもしれない。

とくに場所に関しては無頓着なので、ブエノスアイレスに住むと決めるまでは実は世界一周でもしながら仕事をしようと思っていた時期がある。

世界一周航空券

20万から40万くらいまで色々とあるが、ネックになったのは出発前に目的地と日程を決めないといけないことだった。あともう一つ、ネックになったのが・・・・・・

「世界、回るのめんどくさっ」

ということだ。すでに30カ国以上旅をしていたので、どうしても行きたい国というところもなく、がんじがらめの日程とルートで回るのは億劫だった。世界一周というコンセプトだけに、世界を同方向に回る制限などもあり、もっと自由に旅をするほうが自分に合っているなと思う。

だが、イグアスの滝やモロッコのサハラ砂漠など世界には見て圧倒される光景というものがいくつか存在するので、それらをピンポイントにピックアップして見てまわる旅はありかもしれない。

Morocco03

Morocco06
(ほかの写真はこちらのHPに掲載しております。)

新しい風景や違う価値観を持つ人々と会うたびに、「世界は広い」と痛感する。そうして、自分の小ささも同時に痛感して、より謙虚に人生に取り組むことが出来る。

旅をするということは、あくまで手段であり、目的ではない。人生もまた然り。生きるということは、それ自体が目的ではなく、何かをしたり誰かを好きになったり、事業を起こしたり仕事をしたり辞めたり、色々なことを行うための手段だ。

「人生とは?」とそれ自体の意味について悩んでいる暇があれば、世界に出てそれを経験したほうが早い。結局のところ、人生それ自体には意味はない。それはただの手段なのだから。

そんなことを考えていたら、またふらっと旅に出たくなってきた。今度、日本に帰国したらアジアをぶらぶらとまた回ってみようかなと思っている。

|

« 人を信頼するということとは:ワンズワード流の育て方 | トップページ | 仲間と社会貢献について:嘘くさいほんとの話について »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私はイグアスの滝やモロッコのサハラ砂漠どころか、日本から離れてこともありません。
テレビのドキュメント番組を見て、人一倍しったかぶりしています。
例えばアルゼンチンよりチリが好きだとか~

そして、今は生活を考え海外旅行を考えることもなくなりました。
もし、もっと若い頃に海外にでも行ってれば今の自分と違ったものになったかもしれません。

でも、私は日本が大好き、そして京都が大好きな人間です。
負け惜しみに聞こえるかもしれませんが、最近の不景気な日本を思うとより日本への愛情と期待を持っています。
昨日は大阪に橋本市長が生まれましたが、凄く期待しています。

投稿: ASくん | 2011年11月28日 (月) 16時52分

AS様、コメントありがとうございます。

私の場合は日本を出て、初めて日本の良さに気づきました。世界にもまれに見る文化と、クオリティがあると思っています。

日本を出る必要がないと思っていれば、特に出る必要もないと思います。それだけ素晴らしい国ということですので。

京都、また久しぶりに行きたくなりました。

投稿: ユウキ | 2011年11月28日 (月) 20時02分

こんにちは!
私もロンドン、シンガポールで少し生活し、今香港にいますが、「日本で生まれ育って教育を受けて本当に良かったなぁー」といろいろな部分で思います。
小さいことですが、私は香港で生まれて初めて「まずい野菜というものがこの世にあるんだ・・・」と知りました。
日本人って小さい頃から本当にクォリティの高い食べ物を何の気もなしに食べているんだなぁ、と。
芸術方面だって日本の音楽、美術、文学あとファッション(日本と海外から持ってきたもの両方)の充実度はとてつもなく高いです。
香港、シンガポールがいかに勢いがあろうと、両国の芸術方面の不充実ぶりをみると「ここで育たなくて良かった。」とすら思います(ごめんなさい、現地の方たち)。

日本一周するだけでも一生かかるくらいの面白さがあるかもしれませんしね。
自国を愛しその中でしっかりと根をはって生活をするのは素晴らしいことだと思いますよ。

京都実は行ったこと無いんです・・・一ヶ月くらい暮らしてじっくり観てみたいなぁ、と思いますが、厳しいかな・・・。もしくは老後か。

投稿: Mariko | 2011年12月 1日 (木) 17時42分

私は20カ国くらいしか行ったこと無いんですけど、結構珍しいところも行っているんです。
Yu-KIさんはアイスランドとモンゴルは行かれたことありますか?
どちらも他に無い独自な魅力があっていいですよ。

投稿: Mariko | 2011年12月 1日 (木) 17時44分

Marikoさん、コメントありがとうございます。

たしかに野菜は果物における日本の品種改良は素晴らしいものがありますね。ただあそこまで形を揃えなくてもいいのにと個人的には思います。こっちの果物はすべてふぞろいの林檎たちです(笑)

シンガポールはシンガポール人の友人が芸術がないと嘆いているのをよく訊きます。ただ香港は今勢いがありそうですが、意外ですね。

アイスランドもモンゴルもまだ行ったことがありません。そのうち行こうかなと思っています。

投稿: ユウキ | 2011年12月 1日 (木) 21時02分

こんにちは!
モンゴルは言葉の壁、車が無いとどうしようもない、でもあの草原を観光客が運転するのは絶対無理、
ということでガイドさんと運転手を手配することをおすすめします。
砂漠でラクダの群れを間近に見たときは感動しましたよー。

アイスランドは小さくてかわいらしくて本当に幸せに満ち溢れている
ようなところ(そして物価高)でした。
数年前の経済破綻(したか、しそうになった)でその
雰囲気が大きく変わっていないといいのですが・・・。
ブルーラグーンという人工野外温泉がお勧めです。
私は真夏に行ったのですが、真夜中に(白夜なので明るい)
庭の手入れをしているアイスランド人紳士を見たときに
「夜中に庭の手入れ!」とみょーに感動したことを覚えています。

私ももっと若い頃に比べるとあそこ絶対行きたい!っていう
場所が無くなってきた様に思います。
どちらかというと日本各地をもっと回りたいですね・・・。

投稿: Mariko | 2011年12月 2日 (金) 15時45分

Mariko様、コメントありがとうございます。

アイスランドもモンゴルも良さそうなところです。特にアイスランドはけっこういい評判を聞くので、ヨーロッパに行く機会があれば足を延ばしてみようかなと思っています。

日本にもたくさんいいところがあるので、今度帰国したら色々と地方にも行くつもりです。屋久島などもまだ行ったことがないので、いこうかなと。

投稿: ユウキ | 2011年12月 2日 (金) 21時27分

いつもREPありがとうございます。
屋久島かなり前ですが一度行きました!食事も人もものすごい良かったですよ。あの雰囲気にひかれて本土から移住してくる人もいるみたいです。帰路は鹿児島までフェリーがおすすめです。雄大な桜島をアップで観ることができて中々良いですよ。

余談ですが、マクドナルドは数年前に「原料の確保が困難(金銭的理由だったような)。」とのことでアイスランドから撤退しているんです。
食生活は海鮮物がメインらしくスーパーの売り場が野菜:海鮮物、1対7くらいだったのもすごく印象的でした・・・・・。

投稿: Mariko | 2011年12月 7日 (水) 14時12分

MARIKO様、コメントありがとうございます。なるほど、屋久島やはり行くべきですね。ただちょっと遠いのがネックですが。

アイスランドはビョークと温泉とオーロラという偏ったイメージしかないですが、一度は行く価値はあるのではと。食べ物に関しては、不安ですが、それを補って余りある魅力があるのではと。

投稿: ユウキ | 2011年12月 7日 (水) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅と人生について:目的ではなく手段であるということ:

« 人を信頼するということとは:ワンズワード流の育て方 | トップページ | 仲間と社会貢献について:嘘くさいほんとの話について »