« スティーブ・ジョブズという人生:死を受け入れる勇気 | トップページ | 日本人が忘れがちなもてなす心:豆腐屋さんのコロッケ »

2011年10月12日 (水)

調子をこかないことの大切さ:言語を学習するために必要なこと

日本から友人がブエノスアイレスに遊びに来ているので、また改めてサンテルモの骨董市や、そのほかの観光名所を回っている。しかし、それでも仕事は続き、人生も続く。このようなときについおろそかになってしまうのが語学学習だ。

ぶっちゃけ、どのようなときでも語学学習というものは、おろそかになる。

特に日本のように英語を日常使う必要がない場合、尚更そうだろう。また海外に行けば、すぐにその国の言語をマスター出来ると思っている「言語学習のおのぼりさん」も多いが、そんなわけはなく、ただただ勉強するしかない。

特に自分のように語学学校に通っているわけでもなく、ホームステイやアルゼンチン人と仕事をしているわけでもないので、スペイン語をがちで話す機会は毎日のスペイン語レッスン以外はそれほど多くはない。(だから、趣味のテニスやタンゴでなるべく多くの人たちと知り合おうとしているし、現地の人たちと会話するよう努力はしている)

言語をマスターする過程において、たかだか半年しか現地で生活していない言語学習者などは、超ビギナーにしか過ぎない。しかし、昔まだイギリスで英語を語学学校で勉強していた頃、半年くらい経ったら「もう私英語を話せるから、違う国へ行こうと思っている」的な発言をする日本人が多くて、驚愕した覚えがある。

あほかと思う。

彼、彼女たちの英語はせいぜい「日常会話がぎりぎり交わせる」程度でしかなく、英語で何不自由なく生活できるレベルではなかった。周りは外国人ばかりで、イギリス人と混じる合う機会がそれほどなかったので、自分の英語のレベルを勘違いしたかもしれないが、それでもやはり「言語をマスターする」ということに関しての理解が甘すぎる。

たしかに半年くらい経ったらある程度の会話は交わせるようになったし、周りのアルゼンチン人も「半年しか勉強していないのに、スペイン語上手!」と褒めてくれる。

・・・・・・でも、それは単純に「外国人として、まあおまえのスペイン語はそこそこいけるほうだし、現地に溶け込もうとしないほかの外国人からみれば、ましな部類だな」という程度の意味しかない。(ちなみに近所の中国人が経営しているスーパーの店主はスペイン語は数字しか話せません。それもある意味、驚愕です)

それを真に受けても仕方がない。

語学はスポーツと同じで、レベルが上がれば上がるほど、それに応じて負荷をかけていかないと上達しない。自分の計画では1年でまずは基礎をばっちり固めて、2年目からはなるべく現地の人たちと知り合いになり、彼らと過ごせるような環境を構築することだ。そうして、この国でしか使わないスラングや言い回しなども覚えるようにしていきたい。

というようなことを考えると、やはりブエノスアイレスには2、3年居た方がいいのではと最近思うようになってきている。それにしても長い道のりだけど、気長に取り組もう。

|

« スティーブ・ジョブズという人生:死を受け入れる勇気 | トップページ | 日本人が忘れがちなもてなす心:豆腐屋さんのコロッケ »

英語」カテゴリの記事

スペイン語」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!「ただただ勉強」という意見には本当に賛成です。
英語学習についてうだうだ語っている人を見ると、「そんなことしてる間に英語記事読んで辞書ひいて単語の一つでも覚えたら?」と言いたくなります。
(ちなみに私は香港に2年近く住んでいますが、広東語は簡単な挨拶しか知りませんし、数字も3までしか知りません。なぜならやる気がないから。)

外国語を学ぶことについてのゴールって人それぞれですよね。旅行で使えればいいのか、論文書けるくらいまでになりたいのか・・・。
それから「外国語ができる。」といってもそのレベルはまちまちだ、といことを即座に理解できない人もいますよね。
シンガポールで働いていたときに中国の「日本語が出来る中国人」に一部アウトソースしていたんですが、シンガ人上司が彼らに日本のお客さんと直接コミュさせる、とか言い出して、私を含む日本人ネイティブチームが「いやいや、あの子達の日本語とても外に出せないから。」と激しく抵抗したのですが、シンガ人上司は「え、あの子達日本語読み書きできるんでしょ。なんでそんなに神経質になるの。」って感じでなかなかこちらの言い分が通じず・・・まあ激しい攻防の結果、「ひな型メール」を使うシンプルな連絡事項のみお願いすることになったのですが・・・。

私もやってもやってもわからない単語が出てくるしいまだにネイティブの中に入るとぽかーんってしてしまうし、語学の道は険しいですね。まあ上達する喜びも大きいので「この喜び、あんたたちにはわからねーだろ。」と英語ネイティブを心の中で罵倒しつつ頑張っていきたいと思います。
ではー。

投稿: Mariko | 2011年10月20日 (木) 16時11分

MARIKO様、コメントありがとうございます。

確かに香港のように英語がある程度通じるところに住んでいると、広東語にそれほどの必要性は感じないかもしれませんね。ここ、ブエノスアイレスはご存知のように英語はまったく通じないので、早々に諦めてスペイン語を勉強しています。

ネイティブのなかに入ると語学の問題だけではなく、文化的な共通点(テレビ、映画、本)なども違うので、固有名詞が分からないことはたくさんありますよね。

ただ人間なんて集団で集まってもたいした話はしないので、適当に聞き流すようにすればいいのではと思っています。

ちなみにブエノスアイレスの人たちはほかのラテンアメリカの人たちと比べて、ものすごく早口なのでネイティブ同士の会話を聞き取るのは至難の業です。先は長い!

投稿: ユウキ | 2011年10月20日 (木) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調子をこかないことの大切さ:言語を学習するために必要なこと:

« スティーブ・ジョブズという人生:死を受け入れる勇気 | トップページ | 日本人が忘れがちなもてなす心:豆腐屋さんのコロッケ »