« ソーシャルメディアを駆使するために大事なアナログなこころ | トップページ | 不謹慎の境目について »

2011年3月13日 (日)

我々は音も立てずに復興する:アゴラへの投稿

このような事態に「今、自分に何が出来るか?」を考えることは難しいことですが、今被災している、あるいはこの事態に気落ちしている人たちに向けて、何かメッセージを送ることが出来ないかと思いました。

我々は音も立てずに復興する

情報の集約、分析も大事ですが、今本当に必要なのはビジョンではないでしょうか?

|

« ソーシャルメディアを駆使するために大事なアナログなこころ | トップページ | 不謹慎の境目について »

社会貢献」カテゴリの記事

コメント

アゴラの投稿読みました。実際にそうなるかどうかは別として、というか実際はかなり厳しい話ですが、自分なりにできることをやっていこうと思いました。

投稿: | 2011年3月13日 (日) 14時03分

コメントありがとうございます。

たしかに実際にそうなるか誰にも分かりませんが、そうなると思って日々過ごしたいと思っています。

投稿: 松岡 | 2011年3月14日 (月) 11時45分

今回はそうは行かないかもしれない。

もうダメかもしれない。

大地震の一報を、映画のワンシーンのように聞いた。

でも現実なんだ。

日本国民としての矜持を見せたいと思う。

できる事をしようと思う。

投稿: | 2011年3月14日 (月) 20時28分

アゴラの投稿を拝見致しました。

情報の集約や分析、そして、議論も大切だと思いますが、アゴラの著名人や地位のある方含めてネット上の情報に埋もれてるだけであることに気づいていないのでは。。と思います。私自身もそうかもしれません。

おっしゃる通り、ビジョンも必要で、個人でもまだまだできること、どうしていくかをリアルに実感ことも必要かと感じてます。

投稿: Hide | 2011年3月14日 (月) 22時59分

コメントありがとうございます。

被災地以外に住んでいる人にとって出来ることは限られていますが、情報に惑わされずに、自分たちが出来ることをやっていけばと思っています。

投稿: 松岡 | 2011年3月15日 (火) 11時31分

アゴラの投稿、拝見しました。
「我々は世界が驚くようなスピードで音を立てずに鮮やかに復興する」という言葉に日本人の強さを表現していると深い共感を覚えました。
私も日本人だからこそ、この困難を乗り越えられると思っていますし、私の出来ることを積み重ねて行きたいと思っています。

投稿: kikuchi | 2011年3月17日 (木) 23時22分

菊池様、コメントありがとうございます。

慌てず、出来ることから始めていけばいいと思っています。

投稿: 松岡 | 2011年3月18日 (金) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我々は音も立てずに復興する:アゴラへの投稿:

« ソーシャルメディアを駆使するために大事なアナログなこころ | トップページ | 不謹慎の境目について »