« ケビン・ベーコンの法則:優秀な先生を求めて三千里 | トップページ | グーグルの功罪:行動する勇気を奪う惰性 »

2010年10月21日 (木)

ワンズワード・英語学習フォーラムについて

全米外国語教育協会が策定した5Cという外国語学習の基準がある。
それは下記の通りだ。

1 Communication,コミュニケーション
2 Cultures , 文化
3 Connections, コネクション、関連づけ
4 Comparisons 比較
5 Communities, コミュニティ

コミュケーションには下記のことが含まれる。

Communication: Communicate in Languages Other Than English
コミュニケーション 英語以外の言語でコミュニケーションする(アメリカ人にとっての外国語という意味)

この中に更に3つのものが入っている。

Standard 1.1: Students engage in conversations, provide and obtain information, express feelings and emotions, and exchange opinions.
学習者は会話に参加し、情報の提供・収集を行い、思ったことや感情を表現し、意見を交換する。


Standard 1.2: Students understand and interpret written and spoken languages on a variety of topics.
学習者はさまざまなトピックについての書かれた文章・談話を理解し、解釈する。


そして、コミュニティには下記が含まれている


Standard 1.3: Students present information, concepts, and ideas to an audience of listeners or readers on a variety of topics.
学習者はさまざまなトピックについて、情報、アイディア、考え方などを聴衆や読者に向けて発表する。

Communities: Participate in Multilingual Communities at Home & Around the World
自分の周りや世界中にある多言語コミュニティーに参加する

この中にさらに二つのことが含まれている。

Standard 5.1: Students use the language both within and beyond the school setting.
学習者は教室の中だけでなく、外でも外国語を使う。

Standard 5.2: Students show evidence of becoming life-long learners by using the language for personal enjoyment and enrichment.

学習者は個人的な楽しみや(精神)生活を豊かにするために外国語を使い、外国語の授業が終ったあとも外国語学習を続ける生涯学習者になる。
(出典元:アメリカの外国語教育の基準

上記のようなことを可能とする受け皿となるためにワンズワードオンライン会員様に英語学習フォーラムを作成し、リリースした。まだまだ機能的には未熟だが、これから会員様の意見や要望を取り入れて、生徒様と先生たちがフォーラムでコミュケーションを行い、また生徒様同士でのコミュケーションを活発にしていきたいと思っている。

会員様が増えていけば、オフ会なども会員様に主催していただき、お互いのコミュケーションをより密にしていただき、英語学習が継続できるモチベーションを保つツールとして活用していただければと願っている。

|

« ケビン・ベーコンの法則:優秀な先生を求めて三千里 | トップページ | グーグルの功罪:行動する勇気を奪う惰性 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンズワード・英語学習フォーラムについて:

« ケビン・ベーコンの法則:優秀な先生を求めて三千里 | トップページ | グーグルの功罪:行動する勇気を奪う惰性 »