« 先生の採用基準と守るべきルールについて | トップページ | ジム・ロジャーズの予言 »

2010年5月27日 (木)

ダフニー先生、登場!

本日長かった研修期間も終り、ダフニー先生のレッスン予約受付を開始した。採用してから約3週間もかかったが、その間に研修を何度も行い、さらにスタジオで写真とビデオ撮影を行ったので、こんなに時間がかかってしまった。

ビデオを見ていただければお分かりいただけると思うが、非常にナチュラルな英語を話し、訛りも一切ない。これだけ綺麗な英語を話す人はネイティブでも少ないと思う。語彙や文法の使い方もナチュラルなので、話をしていても気持ちがいい。

彼女は以前韓国系のオンライン英会話スクールに勤務していたのだが、そのスクールとワンズワードオンラインとのあまりの違いにすっかり面食らってしまったらしい。韓国系のスクールは特に契約書もなく、研修なんてものもせずにレッスンを行っていたとのことだ。

片やこちらは雇用契約書、同意書、レッスン研修、技術研修、さらにはスタジオでの写真とビデオ撮影とこの段階でかなりの手間暇がかかっている。

我々は才能と実力がある人達には投資は惜しまない。こちらができることはすべて行うが、結局は本人の自覚と努力なしでは質の高いレッスンは行えない。ダフニー先生の場合は非常に素直でしかも向上心が豊かなので、研修中に多くのことを身に付けたと報告を受けた。

Daphne01
(趣味は水彩画を描くことというノーブルな趣味の持ち主です。しかも、倉本裕基というピアニストが好きとのことです。Yuki Kuramochi と書いてあったので、倉木麻衣の間違いだろうと一瞬思った自分が恥ずかしいです。レディ・ガガ聴きながら仕事している場合ではないな)

彼女が慣れてくればワンズワードオンラインでは恒例となりつつある生徒様を対象にした無料チケットキャンペーンを行い、ダフニー先生のレッスンを体験してもらおうと思っている。なるべく早くレギュラーとなってくださる生徒様を見つけてもらい、多くの英語マスターを育ててもらいたい。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へにほんブログ村 英語ブログへ

|

« 先生の採用基準と守るべきルールについて | トップページ | ジム・ロジャーズの予言 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダフニー先生、登場!:

« 先生の採用基準と守るべきルールについて | トップページ | ジム・ロジャーズの予言 »